現在、どれみでは5ヶ所の事業所で子どもたちの支援を行っております。
それぞれの事業所マネージャー(責任者)をご紹介いたします。
また、特別支援(OT/PT/ST) スタッフのページもご確認ください。


  事業所責任者の紹介

  • 藤井 美由紀(ふじい みゆき)
    センター長

    幼児期にあたるお子さまが集うどれみ l では、 楽しく身体全体を動かす遊びや、日常生活動作や手指の細かな動作につながる活動、人とのやりとり等の経験を積み重ねていきます。 お子さまが困っている時には、当然のことながら『理由』があります。その『理由』を大切に、次へのステップへ繋げていきます。 お子さまが頑張っている姿を見逃さず「できた!」という達成感や自信を育み、お子さまの良い所も伸ばしていきます。 ご家族や関係機関の皆様と共に、お子さまの豊かな育ち、成長をお手伝いしたいと思います。
  • 平山 容子(ひらやま ようこ)
    副センター長

    楽しく笑ったり、大声で泣いたり、時にはケンカをしたり‥
    事業所の中で、いろいろな経験を重ねることによって、少しずつ集団生活のルールを身につけていけるように支援いたします。
  • 野瀬 真美(のせ まみ)
    「どれみ ll 」児童発達支援・管理マネージャー

    「○○先生が僕、私の先生!」職員との1対1のやり取りを重ねて、親和的な雰囲気を持ち、個々のコミュニケーション能力を 引き出すように努めています。子どもたちの「こんなことをやってみたいな」「行ってみたいな」「作ってみたいな」の思いを少しでも叶えていけるように、できることからチャレンジしています。
  • 野坂 留美(のさか るみ)
    「どれみ lll 」児童発達支援・管理マネージャー

    小学校3年生と4年生の子どもたちが、元気いっぱい集まる場所、それがどれみ lll です。 一人ひとりに合わせて作成している個別支援計画に基づき、個別指導や、グループ学習による支援を行っています。集団活動である体幹トレーニングとチャレンジタイムでは、体を使った活動を行い、がんばったらできるようになった、苦手だと思っていたことも、やってみたらできたという、成功体験を積めるようにしていきます。 子どもたちの個性を大切にし、自己選択や自己決定を促し、ひとりひとりの発達に合わせた支援を心がけていきます。
  • 澤野 美和(さわの みわ)
    「どれみ lV 」児童発達支援・管理マネージャー

    どれみWには、反抗期や思春期にさしかかり、家庭や学校で色々な悩みや不安を抱えた年頃の子どもたちが集います。
    そのため、自分を受け入れてくれ安心できる場所として、環境を整えて子どもたちを受け入れていくように心がけています。
    将来を見据えた自立できる為の支援と、一生必要となる人との関わり方をメインに、個々に合った個別学習を提供していきます。室内で飼っている陸ガメのお世話を通して、思いやりの心や優しい気持ちを育んでもらえたらと考えます。
  • 井上 瞬一(いのうえ しゅんいち)
    「どれみ V 」管理マネージャー

    どれみXは2名の責任者が在籍しており 私は事業所の管理責任者を務めております。施設の安全管理や支援員への指導等を通じ、子どもたちが快適に安心して過ごす事が出来るよう務めて参ります。 また、保護者様のご意見を参考に現場の支援にも反映させていきたいと考えおりますので、何かございましたら、お声を頂ければ幸いです。
  • 和田 大樹(わだ たいき)
    「どれみ V 」児童発達支援マネージャー

    どれみXは、小学校中学年から高校生までを対象にした事業所となっております。 年齢が上がるにつれて、集団での生活や活動への「適応力」が重要になってくると考えており、利用する子どもたちが他者との関りを通じて、社会性を培う為の環境作りや支援に務めています。 また、子どもたち一人ひとりの特性や理解度に合わせた個別学習、そして、主に中高校生を対象に「保育コース」や「PCコース」といった、職業を体験する「職業体験支援」を 実施しており、将来に向けた支援も実施しております。
  • 殿村 みさき(とのむら みさき)
    「どれみ相談室」相談支援専門員

    どれみ相談室では、日常の子育て相談から、こどもの福祉サービス(児童発達支援や放課後等デイサービス等)などについて、 トータルな相談支援を行っております。お子さまの通う保育園や幼稚園、学校等との連携を大切にしながら、福祉サービスの利用に留まらず、お子さまが地域社会全体の中で伸び伸びと育つことのできる環境を整えるお手伝いをします。

どれみ特別支援(OT・PT・ST)


サポート

お問合せは下記で承ります。